依頼の多いiphone修理内容を知って対策をしよう

精密機械であるスマホ

スマホはとても精密な機械ですが、普段携帯として持ち歩くので、意図せず乱暴に扱ってしまうこともあります。落としてしまったりすると、簡単に割れてしまいます。そういった場合修理してもらいますが、一体どのような修理がスマホには多いのでしょうか?一緒に確認していきましょう。

依頼が多いiphone修理ランキング

婦人
no.1

画面割れ

やはり一番修理依頼が多いのは、画面割れです。人の手の高さから落としてしまうと、落ち方によっては簡単に画面割れしてしまいます。修理の半数以上がこの画面割れとなっています。画面の割れ方によっては、タッチが効かなくなるなどの症状が確認できます。

no.2

バッテリー交換

充電して使うという行動を繰り返していると、電池は消耗していき初期状態より起動している時間が短くなってしまいます。それを防ぐことはできず、バッテリーを交換するしか方法はありません。外で使うことの多いiphoneにとって、バッテリーの駆動時間はとても大事です。

no.3

ホームボタン修理

ホームボタンは、親指で押すことが多いでしょう。なので、必要以上に強く押してしまい、故障に至ることが多いです。長い期間使用している端末に起こりやすい故障となっています。

no.4

水没修理

iphone7以降のモデルは、簡易防水となっており、雨程度であれば水没することはありません。ですが、それより前のモデルのiphoneは全く防水機能がついていません。なので、水の中に落としてしまえば、一発で故障してしまうでしょう。例え水の中に落とさなかったとしても、普段からお風呂など湿気の多い場所で使用していると、水没と同じ症状になることもあります。

no.5

コネクター不具合

充電するコネクター部分の読み取り機能が弱ったり、完全に読み込まなくなってしまった場合に修理をします。充電ができないと、iphoneを起動させることすらできません。充電器の読み取りが悪くなった場合は、充電器自体が壊れているか、コネクタ部分が弱っているのかのどちらかが原因です。

その他にもたくさんある修理

ここまでよく依頼される修理内容について解説してきましたが、まだ紹介しきれていない故障もあります。もしこれまでより使いにくくなったり、反応が悪く感じる場合は、一度修理店に見せてみるといいでしょう。

画面割れを放っておくデメリット!早めにiphone修理しよう

壊れたスマホ

放っておくと危険な画面割れ

先程も少し触れましたが、iphoneは非常に画面割れが多いです。街中で使用している人を見てみても、画面が割れた状態で使用している方は少なくありません。画面割れを放置していると、どのような状態になってしまうのか解説していきます。まず指を怪我してしまう可能性があります。薄い破片が指に刺さってしまい、怪我をしたという事例もあります。

修理

操作の不具合を起してしまう

画面が割れていることにより、タッチしても正しく反応しないことがあります。違うところを触っているのに、勝手にアプリが起動してしまったり、打った文字とは違う文字が入力されたりとさまざまな誤操作をしてしまいます。また、画面が割れている部分は反応しにくいという場合が多いです。

スマホ

見た目がみっともない

せっかくシンプルでスタイリッシュなデザインをしているiphoneなのに、画面が割れていることにより見栄えが悪くなってしまいます。また、一ヵ所ヒビや割れていることにより、少しの衝撃でも広がってしまいます。被害が拡大してしまうでしょう。

早めに修理しよう

画面割れを放っておいてもいいことはありません。iphone修理を行っているお店は、大阪など全国各地にあるので、画面割れなどの故障に気付いたら、すぐ修理するようにしましょう。

広告募集中